売掛金は回収できる?

実際に売上金(売掛債権)の回収不能が発生して、弁護士に協力を求める場合には、どのよう流れでものごとは運ばれるでしょうか。まずは弁護士にお願いをする前に、経営者、責任者の方が支払うように督促を促すのが一般的でしょう。

それで支払をしてくれればいいのですが、相手が応じない場合が厄介であります。また、本当に正当な売掛債権を持っているのか、この証明ができるかどうかも非常に重要なポイントです。企業間のやり取りでは、受発注の証明をすることもある程度容易なことなのですが、難しいのは、店舗と個人のお客というケースです。

特に飲食店のツケを証明するのは、難しいものです。借用書のような形で、売り上げに応じた書類を用意していれば、証明にもなるかもしれませんが、そのようなものを用意していることはまれでしょう。ましてや、連絡先もしっかりと把握しておかなければ、いざいなくなってしまったとしても探す当てがありません。こういったケースの場合は、早めに弁護士への協力を仰ぐのが良いでしょう。

弁護士の方ならば、どういったものが証拠になるのか、トラブル解決の糸口になるのかを熟知しています。もし、その場合の売掛金が回収できなかったとしても、こういったことを繰り返すうちに、売掛金回収に対しての策を練ることができるでしょう。